羽島市役所

〒501-6292 岐阜県羽島市竹鼻町55 
TEL.058-392-1111 FAX.058-394-0025 
ホームページサポートメンバー

松井 聡 市長

新たな観光拠点
「竹鼻まつり山車会館」が秋にオープン

小中学生全員にタブレット端末を配備

―― 小中学生への1人1台タブレット端末配備(GIGAスクール構想の実現)について教えてください。

松井市長 学校教育におけるICT機器の活用は、プログラミング等の技術を習得するだけでなく、既存教科の学習効率向上にもつながり、今や教育現場に欠かせないものです。そんな中、当市はタブレット端末の導入を早期から進めており、県内有数の整備状況となっています。新型コロナウイルス感染症の影響で新たな生活様式が打ち出された中で、文部科学省が提唱するGIGAスクール構想を踏まえ、さらに先端的な取り組みを進めます。
その目玉として、小・中・義務教育学校の全児童生徒に1人1台のタブレット端末を配備します。既存の端末と合わせ、年度内に児童生徒用として5,555台、教職員用として350台を配備する計画です。授業や校外活動などこれまで以上に様々な場面での利活用が想定され、学習効率の向上が大いに期待できます。一方で、事前調査の結果、1割程度のご家庭ではWi-Fi環境が整っていないということが分かりました。そのため、タブレット端末を自宅学習にも利用することを踏まえると、Wi-Fi環境がないご家庭へは、今後何らかの対応が必要であると考えています。
また、当市には、県下初の開校となった小中一貫の義務教育学校「桑原学園」があります。ここでは、中学生に相当する後期課程の生徒が小学生に相当する前期課程の児童に対し、ICT機器の使い方や勉強を教えるといった授業も取り入れられています。この授業は非常に好評で、子ども同士のコミュニケーションは大変効果があるものだと実感しています。こういった先進事例も参考にしながら、今後も複合的に施策を進めていきます。

きらびやかな山車2輌を常設展示

― 今年の秋に「竹鼻まつり山車会館」がオープンします。こちらの内容について教えてください。

松井市長 「竹鼻まつり」は毎年5月3日に行われる竹鼻町八劔神社の祭礼で、江戸時代から続く歴史あるお祭りです。現存する山車は全13輌。その半数がからくり山車で半数が踊り山車です。また、山車側面の大幕と後ろ側の見送り幕などは、その多くが京都西陣織のきらびやかな織物です。山車そのもののスケールは小ぶりですが、内容については全国的に見てもかなり高い水準にあると思います。
従来、祭りでは半数ずつの山車が隔年交互にまちなかを練り歩き、残る半数はお休みとなることが慣例でした。私が市長に就任してからは、お休みとなる山車も会場に展示していただくようになり、さらに賑わいが増しています。
そんな中、市内にある一般財団法人国際クラブの皆さまのご厚意により、竹鼻町内の広場「青山スクエア」に隣接する土地に、「竹鼻まつり山車会館」を建設していただきました。山車会館には2輌の山車が展示できますので、ローテーションしながら、各山車を見ていただくことができます。また、祭りの賑わいの様子を視聴できるモニターなども整備していく予定です。

―― 新しい観光拠点として今後に期待が高まりますね。

松井市長 はい。県内の他の観光都市に比べると、単独の観光資源で突出した魅力を打ち出すことは、客観的に考えても難しいと思います。ただ、文化の集積地である竹鼻町内に点在する資源を点から線に結ぶことで、それぞれの魅力を高めていきたいと考えています。
例えば、電車で来られる場合には、名鉄竹鼻駅で降り次の羽島市役所前駅まで歩かれる間に、複数の名所・施設を散策していただくことができます。北から挙げますと、幕末の著名な絵師が描いた絵天井がある「本覚寺」、土産物を扱う「ぐるっと羽島 はしま観光交流センター」、「羽島市歴史民俗資料館・羽島市映画資料館」、樹齢300年以上の「竹鼻別院のフジ」、「千代菊酒蔵」、著名作家の絵画等を収蔵する「不二竹鼻町屋ギャラリー」、「佐吉大仏」などがあります。今秋の山車会館オープンを起爆剤として、これら既存の資源をブラッシュアップするとともに、相乗効果を高められるような観光事業を展開していきます。

多様な試験体系を創出し、優れた人材を確保

―― 最近の職員採用の動向について教えてください。

松井市長 市長就任後、多様な人材を募るため職員採用試験のカテゴリーを増やしました。新設した「自己推薦」区分では、文化・芸術・スポーツ等の分野で全国的にも特筆されるような活動をされた方を対象とし、従来行ってきた学力テストを作文に替えて試験を実施。これについては最初の年から非常に応募が多くて、甲子園に出場した方や国体で優勝した方、音楽で全国的に優れた成績を収めた方など、秀でた能力を持つ職員を採用することができました。また、市保健センターに訪れるママさんたちにアンケートを取ったところ、特に初産の方から、出産経験者の保健師に指導・アドバイスをもらうととても参考になるという回答が多く寄せられました。実は、子育て支援施策として市長就任後に保健師の数を1.5倍に増やしましたが、30代~40代の保健師は少なかったのです。そこで、その年代を対象にした職員募集を実施。経験豊かな保健師を採用し、来庁者の皆さまから高い評価をいただいています。他にも、高校卒業の区分では技術職に加え一般事務職の募集も始めましたし、最近では、新型コロナウイルス感染症の影響で働き口を失った方を、会計年度任用職員として4名採用しています。
さらに、全国の市役所で初めて、小学校6年生までのお子さんを持つ職員の部分休業を認める制度を作りました。1日最大2時間の休業が可能で、例えば朝8時から夕方5時までが勤務時間だとすると、10時出勤でも可能ですし、3時で終わることも可能です。この制度も子育て世代の職員から大変好評です。

ファスナー合流により渋滞緩和を実現

―― 名神高速道路一宮JCTにおけるファスナー合流の提案について教えてください。

松井市長 東海北陸自動車道と合流する名神高速道路一宮JCTは、NEXCO中日本の管轄内で有数の渋滞箇所であり、岐阜羽島ICから一宮JCTまでの区間は、全国ワースト17位の渋滞箇所となっていました。実際に、当市の立地特性でもある高速道路網を使った企業誘致活動において、渋滞により所要時間が読めないという理由から躊躇される企業もあったほどです。
そこで、2年ほど前から安八町・輪之内町と連携し、NEXCO中日本や国土交通省、国会議員に対して渋滞解消の陳情活動を継続して実施。その結果、対応策として「ファスナー合流」を導入していただきました。これは、東海北陸自動車道から合流する加速車線と走行車線を分離するラバーポール区間を延伸することで、規則正しく交互に合流することを促し、渋滞を緩和させるものです。
ファスナー合流の導入により、一宮JCTの渋滞時間・件数が減少したとNEXCO中日本から聞き及んでいますし、安八町の安八スマートIC開通も含め、岐阜羽島IC周辺の渋滞が2割程度緩和していると感じています。

羽島市の情報

面積:53.64km2
人口:66,293人(令和2年5月1日)
市の木:貝塚伊吹
市の花:美濃菊

名所・旧跡・観光

美濃竹鼻まつり・ふじまつり
大賀ハスまつり(7月)
濃尾大花火(8月) =一宮市と共催
美濃竹鼻なまずまつり(10月)
起渡船場石灯台
羽島市歴史民俗資料館・羽島市映画資料館

隣接する自治体

岐阜市|海津市|笠松町| 大垣市|安八町|輪之内町

商工会議所のご案内

羽島商工会議所のホームページはこちら

サポートメンバー