海津市役所

〒503-0695 岐阜県海津市海津町高須515番地
TEL.0584-53-1111 FAX.0584-53-2170 
ホームページサポートメンバー


横川 真澄 市長

課題の人口減少に取り組み
未来に期待が持てるまちへ

子育て世代に選ばれるまちづくり

―― 海津市の課題について教えてください。

横川市長 人口減少を課題として掲げている市町村は多いと思いますが、当市も、単位人口当たりの出生数でいえば岐阜県の半分ぐらいになっています。とても速いスビートで少子化が進んでいます。直近の数字ですが、成人式の対象人数が350人ぐらいで、出生数は140人ぐらいです。つまり20年間で200人ぐらい少なくなったということです。市の人口は、合併してすぐは約41,000人でしたが、現在は約33,000人です。16年間で約8,000人の人口が減少してしまいました。内訳では、若い世代の市外への転出が非常に多いです。これを何とかしないといけないと思っています。

―― どのような対策が考えられますか?

横川市長 子育て世代に選ばれるまちづくりということで、若い世代の市外への流出を可能な限り止めて、これまで市外へ出てしまった若い世代に帰ってきてもらう施策を一つひとつ実施していこうと考えています。また、人口を維持していくためにどうしても必要になるのは雇用です。そのために、地域経済の活性化、雇用の創出も同時に行っていく必要があると考えています。

―― 移住を積極的に促したいというお話ですが、受け入れる住宅地はたくさんありますか?

横川市長 これまで行ってきた圃場整備によって、農地をすぐに宅地に変えることは難しいという状況が生まれています。そのため、宅地を見つけづらいということも一つの課題となっています。加えて、企業を誘致することが難しくなっているという面もありますので、その辺りの課題を解決することも必要になっているところです。農地を守ることはもちろん大切ですが、人口が減って農業の担い手がいなくなってしまっては農地も荒れてしまいます。必要な部分は農地転用をさせていただいて、宅地、工業地への転換も考えなくてはいけないと思います。

企業、誘客施設の誘致を進めたい

―― 課題についてお伺いしましたが、逆に海津市の強みについてもお聞かせください。

横川市長 名古屋へ距離的に近いですし、桑名市など三重県にも距離的に近いです。そして2026年には東海環状自動車道西回りルートがいよいよ全線開通の予定です。これにより、三重県の好調な経済が波及することが見込まれますし、東回りルートの沿線地域が激変したように、西回りルートのストック効果によって、ヒトの流れ、モノの流れが確実に代わりますので、その効果を市内に波及させるように、企業誘致、集客施設の誘致などをしっかり進めていきたいと思います。

―― ほかにもありますか?

横川市長 当市には観光資源もたくさんあります。「木曽三川公園」やおちょぼさんの愛称で親しまれている「千代保稲荷神社」は、岐阜県の入り込み客数でトップ10に入る場所です。南濃には「南濃温泉水晶の湯」「月見の森」というたくさんの人が訪れる場所もあります。このように、磨けば光る地域資源が数多くあるわけですが、観光に活かしきれていなかったという現状もあります。そのため誘客の取り組みに、特に力を入れていきたいと考えています。

失敗を恐れず自由な発想でチャレンジする

―― 特産品についてはいかがですか?

横川市長 アンケートでは、串カツや南濃みかん、草餅などが挙がりますが、これらに加えて、新たな特産品を作ることも、私の目標の一つです。それに関連して、サントリーの部長級の社員の方に2年間、当市に来ていただいています。その方には地方創生、まちづくり、賑わいづくりという分野を担当していただいて、当市が元気なまちになるよう、一緒になって様々な施策を仕掛けていきたいと考えています。その中で名産と呼べるような特産品を作っていきたいと思います。

―― 職員には、どのようなことを期待しますか?

横川市長 挑戦できる風土を市役所の中に作りたいと思っています。職員それぞれが補い合って、助け合って一つの目標に向かっていくチーム海津という雰囲気づくりを目指しています。市民の生命、財産、安全・安心に関わる部分については失敗が許されませんが、まちづくり、地方創生、賑わいづくりの分野においては失敗を恐れずに思い切った挑戦をしないと成功しません。行政が失敗してはいけないという時代は終わりましたと職員にも話をしました。今後、当市の事業予算を大幅に拡大することは難しいです。しかし、こうした気持ちで仕事に取り組むことで職員のパフォーマンスを上げることは可能だと思います。職員がいかに力を発揮しやすい環境を作るかが大事だと考えています。その中で、自由な発想で自ら考え動いていってほしいと思います。

海津市の情報

面積:112.03km2
人口:33,375人(令和3年4月1日)
市の木:松
市の花:みかんの花
市の魚:なまず
市のマスコットキャラクター:かいずっち

名所・旧跡・観光

国営木曽三川公園
千本松原
千代保稲荷神社
治水神社
今尾神社
南濃温泉「水晶の湯」
海津温泉
平田公園
歴史民俗資料館
行基寺
月見の森
羽根谷だんだん公園
円満寺山古墳
アクワワールド水郷パークセンター
長良川サービスセンター
平田リバーサイドプラザ

隣接する自治体

羽島市|養老町|輪之内町

商工会のご案内

海津市商工会のホームページはこちら

サポートメンバー

フェザーミュージアム株式会社エスト