揖斐川町役場

〒501-0692 岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪133番地
TEL.0585-22-2111 FAX.0585-22-4496

ホームページサポートメンバー

岡部 栄一 町長

声なき声を町政に反映し、
発想の転換で新しいまちづくり

職員、町民の意識改革が必要になる

―― 「待ったなし揖斐川町」「変えなくちゃ揖斐川町」と訴え、新しく町長に就任されました。まちを変えるために取り組みたいと考えていることをお聞かせください。

岡部町長 当町は人口が右肩下がりで減少しています。日本全体が人口減少で縮んでいく中で、わが町だけが増加していくのは、なかなか難しいです。人口減少のカーブを少しでも緩やかにしていくための手立てを考えたいと思っています。同時に、人口減少時代にあって、身の丈に合ったまちづくりをしていかなければなりません。

―― 身の丈に合ったまちづくりについて具体的にお聞かせください。

岡部町長 以前は公共施設が古くなると建て替えていましたが、人口、財政が縮小していく中では、統廃合や機能のあり方などについて考えていく必要があると思います。長寿命化するか、建て替えるのか、廃止するのかというように公共施設自体のあり方を長いスパンで考えなければならないと思います。その点では小中学校の統廃合なども避けて通れない問題で抵抗もあると思いますが、町民にも丁寧に説明し、理解を得ながら取り組んでいく必要があると思います。

―― まちを変えるという意味では、職員の意識改革にも取り組んでいかれるようですね。

岡部町長 はい。従来のような前例踏襲ではなく、自分の仕事以外のことでも知恵を出したり、考えたりして、役場を変えていこうという意欲をもって、前向きに仕事に取り組んでもらう必要があります。また、町民の皆様も行政頼みの活動ではなく、自助共助の精神で物事を進めてもらいたいと考えています。

―― 声なき声を「聞こえる声に」ということで、より多くの声を町政に反映したいというお考えもあるようですね。

岡部町長 はい。職員については、「気が小さくて思っていることがあってもなかなか発言できない」「下手なことを言って機嫌を損ねたくない」などの理由で思っていることがあっても発言しないケースもあると思います。そうではなく職場の風通しをよくして、思ったことを言うことができる職場の雰囲気作りが大切になると思います。町民については、会議を開催すると、出席者がどうしても偏る傾向があります。そうではなく、そうした場に出て積極的に発言しない方々の声を拾い上げたいと考えています。

―― それは、仕組みづくりが難しそうですね。

岡部町長 はい。住民会議を行いますので来てくださいと呼びかけると、「そこまでは度胸がないです」「皆さんの前で話すのは恥ずかしい」といった具合に尻込みされてしまいます。ですから一つの方法としては、毎月、区ごとに例会を行っていて、1軒から1人ずつ出席します。そうした場へ出向いて話すことで、多くの声を聞くことができるのではないかと思います。懇談会や会議に来ていただくというよりも、私自身が現場に足を運びたいと考えています。

民間活力の芽を育てる

―― 養老鉄道の利便性を高めるというアイデアもお持ちのようですね。

岡部町長 はい。名鉄揖斐線が2005年に廃止されて、やはり人口減少のペースが速くなりました。鉄道は重要なインフラです。養老鉄道がなくなると、ますます住みにくくなって人口減少に拍車がかかりますので、養老鉄道はなんとか残していきたいと考えています。ただ、養老鉄道自体が赤字経営ですから新規の車両を購入して高速電車を走らせることは難しいです。現在ある資源の中で効率化する必要があると思います。イベント列車など様々なアイデアはあるのですが、やはり単発的な乗車では存続につながりません。経常的な利用が不可欠です。私自身、高校、大学と通学で当時の近鉄を利用していたのですが、その時に痛感したのは大垣まで非常に時間がかかるということです。今も40年前も揖斐駅から大垣駅まで25分かかります。大垣駅からJRで快速電車に乗ると、稲沢駅を過ぎたあたりまで行くことができると思います。私自身実感したことですが、やはり遅いです。揖斐駅から大垣駅までの間に8駅ありますが、無人駅が6駅あります。無人駅で停車せず通過すれば、停車時間や加速を落とすロスなどを考えると、1つの駅で1分短縮と考えても6分短縮できます。これは車両を新しく変えることなくできることです。10分台で大垣駅までアクセスできることになればインパクトも大きいと思います。養老鉄道に関しても発想の転換が必要ではないかと思っています。

―― 行政も民間も発想を転換し、知恵を絞ることが必要だというわけですね。

岡部町長 はい。例えば当町では4年ほど前に「揖斐川ワンダーピクニック」という複合型タウンフェスティバルがスタートし、町外からたくさんお客様が訪れるイベントがあります。変わらない「町と自然」を舞台に、独創的な「音楽・マーケット・アート」が展開されるわけですが、これは完全な民間主導によるものです。そうした動きもすでにあるわけですから、こうした新しい芽がどんどん育つような、まちづくりを進めていきたいと思います。

 

揖斐川町の情報

面積:803.68km2
人口:20,214人(令和361日)
町の木:けやき
町の花:はなもも

名所・旧跡・観光

いびがわマラソン
揖斐祭り
谷汲山華厳寺
両界山横蔵寺
谷汲踊り
さざれ石公園
徳山ダム
藤橋城(西美濃プラネタリウム)
伊吹山
夜叉ヶ池
夜叉龍神社
揖斐峡

隣接する自治体

本巣市|垂井町|関ヶ原町|大野町|池田町

商工会のご案内

揖斐川町商工会のホームページはこちら

サポートメンバー