東白川村役場

〒509-1392 岐阜県加茂郡東白川村神土548番地
TEL.0574-78-3111 FAX.0574-78-3099 
ホームページサポートメンバー

今井 俊郎 村長

安心して暮らし続けられる村へ
長寿と健康の拠点施設がオープン

中核施設が完成し、医療・福祉サービスが向上

 ―― 最近の村の新しい動きについて教えてください。

 今井村長 10月に新しい国保診療所と介護老人保健施設が完成しました。以前の施設は老朽化に加え、手狭だったこともあり、今回の建て替えに至りました。元々、敷地自体が狭かったので、適地がないかと探していたところ、旧名古屋商科大学のセミナーハウス跡地が空き地になっていました。所有者である名古屋商科大学へ相談に行ったところ、学園の創立者である栗本祐一先生の生地でもあり、ご縁があることからお役に立ちたいということで、大変ありがたいことに寄付をいただくことになりました。

介護が必要な方に関しては、できる限り在宅で見ましょうという流れがあります。そうはいっても、民間だけで在宅医療を応援するにも限界があります。その意味でも、中核になる施設が完成したことは、村民に対する医療・福祉サービスの充実につながると考えます。長寿と健康の里という思いの中で、今後の運営を進めていきたいと考えています。

 ―― ほかにはいかがですか?

 今井村長 インフラ整備の1つとして、FTTH化も大きな事業です。10年ほど前に幹線については光ファイバーケーブルの整備が終了していました。ところが、各家庭に引き込む際は同軸ケーブルだったため、通信速度が非常に遅いという声が数多く寄せられていました。その課題を解消するべく、現在FTTH化を進めており、来年2月ぐらいの完成を目指しています。これにより、テレワークなど多様な働き方も可能になると思います。新しいライフワークができることについても、村外に向けて積極的にアピールしていきたいと考えているところです。

 移住定住にワンストップで対応できる環境を整備

 ―― テレワークという話がありましたが、移住定住についてはいかがですか?

 今井村長 確実に空き家が増えているという問題があります。中には相続放棄物件などもあり、これについては権利者や所有者などを紐解いていく必要がありますので、大変な時間がかかりますが、地道な努力を続けていきます。一方で、活用したいのですが「家財道具の整理が大変」などの理由で、活用が進んでいなかった空き家もありました。そのため、職員が徹底的に片付けて、仕訳を行い、まだ使えそうなものについては廃校舎の中に並べて、村民に自由に使ってもらうというアイデアを出してくれました。その成果により、6軒(2019年10月現在)のお宅から寄付をいただくことになり、今後の活用が進むことになりました。人口減少が進む中、現状のままでは集落内に子どもがいなくなることも現実味を帯びてきます。1年間に7世帯の転入があれば、人口減少に歯止めをかけることができますが、高いハードルです。まずは受け皿を作り、ワンストップで移住定住に対応できる環境を整備しているところです。

 基幹産業の基盤強化を図り、村を活性化

 ―― フォレスタイル事業についてはいかがですか?

 今井村長 ヒノキは当村における大きな財産の1つです。フォレスタイル事業によって、年間20棟ぐらいの住宅建築があります。これによって、山で働く人、製材所で働く人、プレカット工場で働く人、建築現場で働く人など、多くの雇用の機会を作り出しています。現在、林業、製材業、建築業を営む事業所に対しては、新規採用については人件費を5年間助成する補助事業も実施しています。まずは基幹産業に従業員を定着させて、それを村全体に波及させたいという思いで取り組んでいます。

 

東白川村の情報

面積:87.11km2
人口:2,317人(平成30年3月31日現在) 
村の木:ハナノキ
村の花:ミツバツツジ

名所・旧跡・観光

こもれびの里
つちのこ資料館
神田神社

隣接する自治体

白川町|中津川市

商工会のご案内

東白川村商工会のホームページはこちら

サポートメンバー