大垣市役所

〒503-8601 岐阜県大垣市丸の内2丁目29番地
TEL.0584-81-4111 FAX.0584-81-4460
ホームページサポートメンバー


小川 敏 市長

withコロナ時代に合った
オンライン化を積極的に推進

3つの城と同時に3人の武将の魅力を再発見

―― 戦国大垣3城再発見事業の概要と具体的な取り組みについて教えてください。

小川市長 「大垣城」は関ケ原合戦における石田三成の居城でした。「墨俣一夜城」は豊臣秀吉の出世城であるということで、合併した1市2町の中で上石津町にはそうしたものはなかったのですが、今回、明智光秀は「多羅城」の生まれであるという有力な説があることがわかりました。江戸時代の国学者である塙保己一の「続 群書類従」に書かれておりますし、東京大学の史料編纂所所蔵の「明智一族宮城家相伝系図書」にも書かれているということで極めて根拠のある話です。そこで3つの城と同時に石田三成、豊臣秀吉、明智光秀の3武将を再発見し、巡ってもらうという事業です。3人の武将はそれぞれに特徴のある性格を持っています。石田三成は豊臣秀吉に対する忠義をもって関ケ原合戦に挑み、豊臣秀吉は墨俣一夜城を足掛かりにして太閤になった才覚の人です。そして明智光秀は、これまではどちらかというと本能寺の変のイメージが強かったですが、彼こそが保守の正統派の人であったといわれています。3つの城にまつわる3武将が見事に違う性格をしていますので、それぞれ大垣城は石田三成、墨俣一夜城は豊臣秀吉、多羅城は上石津郷土資料館を会場にして明智光秀についての資料を展示しています。

 そのほかにもシンポジウムやバスツアーなども企画していたわけですが、新型コロナウイルス感染症の拡大により、そうした事業は中止とさせていただきました。密になることが懸念される事業は残念ながら中止になりましたが、大垣城、墨俣一夜城、上石津郷土資料館での展示は行っていますので、ぜひ足を運んでいただければと思います。

医療・福祉・子育て支援などをさらに充実させる

―― 住みよいまちづくりに向けた具体的な取り組みについて教えてください。

小川市長 東洋経済新報社が発表した「住みよさランキング2020」で、当市は県内トップの27位にランクインしました。やはり水の都ということで、おいしい豊富な地下水があり、産業都市の礎になっています。また東京へ行ったりすると、「地元の水はおいしいな」と改めて感じます。水源の地下水は、水質が安定しているので、水道料金が安いことにもつながっています。さらには下水道の普及率や交通の利便性が高いことなども高い評価につながりました。そして財政的にも比較的豊かであるということで、医療・福祉も充実しています。71歳以上は医療費が1割負担ですし、高校生世代までは医療費が無料です。また、岐阜県で最大の大垣市民病院という高度医療の病院も整っています。子育て支援にも力を入れており、小学校6年生以下のお子さんを同伴してバスに乗車した場合、親子の運賃が無料になるという親子バス利用支援事業を実施しています。さらに、子育て世代といえば、完全にスマホ世代でもありますので、乳幼児の離乳食レシピの紹介なども含めた子育てに関するアプリの充実も図っています。このように地下水を活用した企業誘致をはじめ、医療・福祉、子育て支援など様々な施策を進めてきた結果、住みよさで県内1位に選ばれることができましたので、今後も引き続き充実を図り、市の活性化につなげていきたいと考えています。

9月からは市役所職員のテレワーク化も推進

オンライン社会の構築への具体的な取り組みについて教えてください。

小川市長 オンライン社会の構築は以前から言われていたことですが、なかなか進んでいない現実があったと思います。そのような中で、新型コロナウイルス感染症に対応しなければいけなくなり、オンライン社会がふわさしいということで加速度的に動いているのが実状だと思います。行政としては、行政手続きをオンライン化できないかという課題があり、すでに住民票や印鑑証明などはコンビニエンスストアで取ることができるようになっていて、便利になっている部分はあると思います。しかし、オンラインで直接となると、本人確認が必要な分野はまだ難しいと思います。スポーツ施設などの申し込みや市役所の職員採用試験の申し込みなど、本人確認が不要な分野については、オンラインで対応できるわけですが、本人確認が必要な分野をすべてオンライン化することは難しいと思います。ただ、事前申請という形で、事前にオンラインで申し込みをしていただいて、何かの用事で市役所に来ていただいた時、免許証や健康保険証などで本人確認ができれば発行するという、申請書類を現場で書くことなく交付させていただくことができるという便利さはありますので、オンライン化できる分野については進めていきたいと考えています。

 また、それに合わせて市役所の仕事もオンライン化、リモートワーク化、テレワーク化できないかという課題があります。ただし、住所、氏名、所得など大切な個人情報が漏れるようなことがあると大変な問題になりますので、慎重に進めざるを得ません。個人情報の関わらない部分については、自宅から職場のパソコンにアクセスして業務を行うことを9月から実施して、市役所のテレワーク化を推進しているところです。

 また、移住定住についてもオンライン化を進めています。コロナ禍では、東京の人を現地に案内するということも、なかなかやりづらい時代です。パソコンを使ったテレビ電話で情報交換をさせていただき、空き家バンクに登録されている物件を見たいということであれば、職員が空き家に行ってカメラで映すことで、オンラインでの空き家の内覧会も実施できますので、今後も移住定住の促進につなげていきたいと考えています。

 さらに、国が「GIGAスクール構想」を進めるということで、当市では、今年度中に13,400台のタブレット端末を整備する予定です。2月からは授業で活用できるようにするということで、1人1台タブレット端末の環境を実現します。一人ひとりの習熟度に応じた指導ができるというメリットに加え、コロナ禍によって学校が休業になった場合でも無線通信によって各家庭でオンライン学習を行うことができるというメリットがあります。

 これまで取り組んでまいりました「デジタルスマートシティ大垣」の強みを大いに活かしながら、今後も、「行政のデジタル化」を推進していきます。

大垣市の情報

面積:206.52km2
人口:158,677人(令和251日)
市の木:クスノキ
市の花:サツキ

名所・旧跡・観光

奥の細道むすびの地・奥の細道むすびの地記念館
住吉灯台
大垣城
墨俣城
史跡美濃国分寺跡・歴史民俗資料館
ソフトピアジャパン
加賀野名水公園の自噴水
中山道赤坂宿
水まつり
大垣まつり
十万石まつり
日本昭和音楽村
多良峡

隣接する自治体

岐阜市|羽島市|瑞穂市| 安八町|神戸町|輪之内町| 池田町|垂井町| 関ヶ原町|養老町

商工会・商工会議所のご案内

大垣商工会議所のホームページはこちら
大垣市赤坂商工会のホームページはこちら
大垣市墨俣商工会のホームページはこちら
大垣市上石津町商工会のホームページはこちら

サポートメンバー