各務原市役所

〒504-8555 岐阜県各務原市那加桜町1丁目69番地
TEL.058-383-1111 FAX.058-383-6365
ホームページサポートメンバー


浅野 健司 市長

「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアル
充実した施設内容で来館者数も好調に推移

専門家の評価も高い展示内容
他施設との連携や企画の充実を図る

―― イベント「マーケット日和」が成功を収めています。スタートのきっかけやイベント内容の紹介、また、どんなところが成功につながったのかお聞かせください。

浅野市長 昨年第6回を開催したのですが、ここ数年は3万人ほどのお客様に来ていただける大きなイベントになっています。当初は1万人ほどのお客様でした。大きく変わったのは、3年ほど前に官民協働という形で実行委員会形式にしました。行政と民間が互いにアイデアを持ち寄り、毎年新しい趣向を凝らしています。2年ほど前には店舗同士がコラボして出店するようにしました。昨年は、店舗同士のコラボに加えて、ここでしか買えないものを出したり、その日だけの屋号をつけるなど常に新しいチャレンジを続けています。市の職員もそうですが、民間の方も「やらされた感」ではなく、「やった感」が残るイベントにしようということも一つの要因だと思います。多くのイベントでは、イベントが終わるとそれで一区切りのような形になりますが、終わった後も引き続いて何かやっていきましょうというスタイルで取り組んでいて、アイデアの活かし方がうまく回っていると思います。

―― なるほど。中でも一番大きな要因は何だとお考えですか?

浅野市長 マーケットは物を買いに行くだけではないと思います。自分のライフスタイルに合ったものを見に行きたい、イベントの空気感を感じたいということもあると思います。昨年度はコラボで130店舗ほどが出店したのですが、ここに行けば、自分のライフスタイルに合うヒントが何かあるのではないかということで、市外、県外の若い方がたくさん訪れています。そういった点がうまくかみ合ったのではないかと思います。会場の作り方にしても、単に「あなたはこの場所」といった具合に決めるのではなく、どこをどう工夫したらインスタ映えするか、飾りはここに取り付けたらいいのではないかという具合に公園内を丹念に歩き回って決めていきます。様々な人からきめ細かな提案があって、準備段階から時間と手間を惜しまず取り組んでいることも成功の要因の一つになっていると思います。

―― 準備に大変な時間をかけているのも大きな成功要因になっているというわけですね。

浅野市長 はい、大きいと思います。実行委員会は年に2、3回ですが、スタッフが参加する運営委員会では毎月会議を行い、月によっては数回会議をしているときもあります。先ほどお話ししたように、イベントが終わると、来年に向けて動き出そうという動きがすぐに出てくるので、ほぼ1年かけて計画しているといってもいいと思います。残念ながら今年はコロナウイルスの関係で、イベント自体は中止となりましたが、オンラインでできることを模索しながら、来年につなげていきたいと考えています。

―― 2018年に「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープンしました。オープン後の入りこみ客数はどのように推移していますか。また、みどころなども教えてください。

浅野市長 来場者数でいくと、29年度は3月24日にオープンしたわけですが、1週間で3万人のお客様にお越しいただきました。30年度は約43万人、令和元年度も約27万人ということで比較的順調に推移しています。訪れた方の多くは満足して帰られています。その理由の一つとして展示面積を以前の約1.7倍に広げました。また航空と宇宙が合わさった博物館は、実はここだけです。航空だけ、宇宙だけという博物館はあるのですが、両方を備えていることも一つの魅力につながっていると思います。

―― みどころについてはいかがですか?

浅野市長 目玉展示としては飛燕があります。これは、現存する機体としては世界で1機だけです。そして、模型ではありますが、実寸大の初号機の零戦があります。プロペラが3枚の2号機は、ほかにもありますが、プロペラが2枚の初号機の試作機があるのも魅力の一つでありますし、インスタ映えすると思います。宇宙についても、国際宇宙ステーションにある日本実験棟「きぼう」の実寸大模型を展示しています。

―― お土産品の売れ行きはいかがですか?

浅野市長 こちらは絶好調です。平成30年度は約2億円の売り上げがありました。リニューアル前は年間で2400万円でした。8倍ぐらいに増えているので、大きな変化になっています。オリジナル商品を増やしたことが好調の要因ですし、ガイドブックも人気商品になっています。

―― リピーターについてはいかがですか?

浅野市長 年間パスポートを購入していいただいている方が多いですし、リピーターも多いと思います。来場者数の増加につながっていることの要因の一つとして中学生以下が料金無料ということが挙げられます。お父さんお母さんか、おじいちゃんおばあちゃんが、お子さんやお孫さんを連れてきて、大人だけの入館料で楽しむことができるのも一つの魅力だと思います(笑)。外にも遊具や芝生広場がありお子さんが楽しめるスペースもあるので、そういったことも魅力につながっていると思います。

―― まちづくり担い手マッチング事業の具体的な内容について教えてください。

浅野市長 まちづくり推進課の職員が様々な団体から相談を受け、その対応を考えている中でこの事業の「きっかけ」が生まれました。「メンバーが高齢化してきて次の担い手がいない」「活動したいけど資金がない」「ノウハウがない」など、様々な相談が寄せられます。そこで、自分たちができること、自分たちが助けてほしいことをマッチングしたらいいのではないかというところが発想のヒントになっています。例えば、長年活動を続けてきて、活動費はあるけれど、高齢化が進んでいる団体と、まだ新しい団体で活動費は少ないけれど、若い方が多いといった団体が交わることによって、これからの地域課題を解決できるのではないかということです。市民ニーズが多様化する中で、活動団体の力を借りることは非常に重要だと思っています。職員から提案を受けましたので、今年度は力を入れていきたいと考えているところです。

 

各務原市の情報

面積:87.81km2
人口:143,834人(令和251日)
市の木:松
市の花:つつじ

名所・旧跡・観光

名勝木曽川飛騨木曽川国定公園
日本ライン
うぬまの森
苧ヶ瀬池
炉畑遺跡
大牧1号古墳
河川環境楽園
「世界淡水魚園水族館(アクア・トトぎふ)」
川島PAハイウェイオアシス
かかみがはら航空宇宙科学博物館
内藤記念くすり博物館
岐阜県グリーンスタジアム
岐阜基地航空祭
航空自衛隊夏祭り(盆踊り)

隣接する自治体

岐阜市|関市|岐南町| 笠松町|坂祝町

商工会議所のご案内

各務原商工会議所のホームページはこちら

サポートメンバー