下呂市役所

〒509-2295 岐阜県下呂市森960番地 
TEL.0576-24-2222 FAX.0576-25-3250
ホームページサポートメンバー

山内 登 市長

発信力のある観光を活かしながら
地場産業の底上げにも力を入れる

企業誘致にも積極的に取り組む

―― 下呂市の長所を教えてください。

山内市長 一番は下呂温泉があって、全国的にも名が売れていることが特徴です。そして、自然、伝統、文化が豊かです。地理的には飛騨地域なのですが、美濃とも縁が深く、そうした特質があることから、下呂独自の文化があります。観光がメインの産業ですが、全国的にも発信力が強いまちだと思っています。


―― 逆に課題はどんなところにありますか?

山内市長 長所である観光がなくなったら、何が残るのかということです。観光という収入があるわけですが、地場産業がなかなか発展していかない現状があります。ただ、観光に注目が集まりがちですが、実は中身を見てみると、観光に従事している人はそれほど多くないです。建設業、農業、林業なども多いです。ただ、人口減少率が厳しくなっている中で、産業としての発展はなかなか難しいものがあります。ですから、地元で働くことができるように、企業誘致をしたり、すでにある一般産業界の底上げを図っていく必要があります。

―― 今、お話がありましたが、企業誘致には積極的に取り組むというお考えですか?

山内市長 一番南の金山町から一番北の小坂町まで約80kmあります。細長いまちという特性があるわけですが、金山町は旧町村時代から企業誘致に力を入れてきました。加茂、可児地域の大手企業が進出してきましたので、企業誘致の土壌があります。そして萩原町にも愛知県の企業が進出しています。よく聞いてみると、事業規模を拡張したいが、土地などの関係で市とうまくタイアップできていなかった面があるようなので、今後は企業誘致と地場産業の拡大に力を入れていきたいと思います。

市民の声を吸い上げ、新しい風を起こす

―― 今回、新市長として就任されたわけですが、市民からはどのような声が寄せられたのでしょうか?

山内市長 当市は観光をはじめとしてポテンシャルは非常に高いのですが、政治力が弱いということは間違いないです。そのことは市民の声として多く寄せられました。近隣の高山市や郡上市のインフラ整備が進む中で、当市の道路網は依然として変わっていません。県とのパイプなども弱く、政治に対する信頼は揺らいでいました。合併して16年、何も変わっていないということで不満もあるようです。新しい風で何かを変えたいという思いは強くあるのだと思います。

―― ここを変えたいという、具体的な思いがあればお聞かせください。

山内市長 振興事務所を縮小して、1ケ所に集めるという流れがありましたが、地域の方々は相当不満を持っていました。5町村が下呂市として合併して、核になる部分は当然あると思うのですが、当市は少し特異性があると思います。人口規模でいえば、下呂と萩原は同じくらいです。萩原には総合庁舎、学校も警察もあります。かつては城もあって、戦国時代は萩原が行政の中心でした。下呂と萩原は人口約1万人で、金山は約6千人です。お互いに突出した部分がないので、合併の際も吸収合併ではなく対等合併でした。そうした経緯もあって、一つになり切れない部分があるのだと思います。例えば、防災に関していえば、金山で災害が発生したといって、いつもは旧下呂町にいる職員をいきなり派遣しても、地理を含めた実情を把握するのは難しいです。地理的な距離もありますので、分散型の市制でやったほうがよいと思います。ただ、分散型を行うには、どのようにして情報を共有して、組織を一枚岩にするのか。それには通信が欠かせません。しかし、当市は通信が弱いです。そうした課題もたくさんあるわけですが、一つひとつクリアしながら実現していきたいと思います。

 

 

下呂市の情報

面積:851.06km2
人口:30,818人(令和2年5月1日)
市の木:もみじ
市の花:岩つつじ

名所・旧跡・観光

下呂温泉
濁河温泉
湯屋温泉
下島温泉
御嶽山
巌立峡
根尾の滝(日本の滝百選)
下呂温泉まつり
飛騨小坂力持ち
小太郎火まつり
飛騨金山花火大会
馬瀬川花火大会
下呂温泉花火
ミュージカル夏公演
下呂温泉花火
ミュージカル冬公演
下呂の田の神祭(重要無形民俗文化財)
下呂発温泉博物館

隣接する自治体

高山市|関市|中津川市| 郡上市|七宗町|白川町

商工会のご案内

萩原町商工会のホームページはこちら
小坂町商工会のホームページはこちら
下呂商工会のホームページはこちら
金山町商工会のホームページはこちら
下呂市馬瀬商工会のホームページはこちら

サポートメンバー