垂井町役場

〒503-2193 岐阜県不破郡垂井町1532-1 
TEL.0584-22-1151 FAX.0584-22-5180 
ホームページサポートメンバー

早野 博文 町長

町民目線と三現主義で住民を主体としたまちづくり

町民目線で物事を判断する

 ―― 新しく町長に就任されました。今後どのような姿勢で業務に取り組んでいきますか?

 早野町長 1つは町民目線です。ただ、これは町民が希望するものをすべて実施するというものではありません。財政の健全化も大きな課題になっています。大きな不満の声にはなっていないけれど、実はなんとなく惰性で続けている事業もあります。町民の声なき声に耳を傾け、スクラップ&ビルドをする中で、住民が望む新しい事業の財源を作っていきたいと考えています。

 三現主義で課題やヒントを見つける

 ―― 町民目線で、各種事業の見直しをするというわけですね。

 早野町長 はい。そのために三現主義を徹底しています。現場に出向き、現場に触れ、現実をとらえることを徹底しています。例えば、「ふれあい垂井ピア」というイベントがあります。30年以上続いていますが、実施内容に大きな変化はありません。やはりマンネルだと疲弊する部分があります。ムダも生じてきます。同じことを繰り返し続けることはラクですが、そうではなく、新しいアイデアを出して、町民の皆さんにさらに喜んでもらえるようなものにする必要があると思います。

 意識改革で新しいアイデアを出す

 ―― 財政の健全化も大きな課題だという話がありました。

 早野町長 その通りです。老朽化した施設や利用度の低い施設を廃止したり、閉鎖することも考える必要があります。旧態依然としたシステムで時代に合わないまま続けているものもありますので、本当に必要なのかどうか住民と議論を重ねながら、必要な事業と、そうでない事業を見極めていかなければなりません。

 ―― 町民目線で各種事業の見直しをする中では、職員の意識改革も求められますね。

 早野町長 はい。職員は垂井町を少しでも良くしようという思いで働いているわけですから、その思いは変わることはありません。ただ、より町民に近い目線で物事に取り組んでもらいたいと思っています。そのためには意識改革が必要になると思います。職員も仕事が山積しています。必要でない事業は廃止することで、新しい事業にアイデアを出す時間も作ることもできます。変えていくべきものは勇気をもって変え、知恵を絞りながら効率の良い町政運営をしていきたいと思います。

 ―― 新しい庁舎も完成しました。新庁舎への期待を教えてください。

 早野町長 新庁舎は、各種サービスや手続きを行う場所だけにとどまりません。防災拠点としての機能もありますし、コミュニティルームやテラスがあり、住民の交流拠点にもなります。ぜひ気軽に訪れてほしいと思います。

 

 

リンク

垂井町の情報

面積:57.14km2
人口: 26,610人(令和2年5月1日)
町の木:けやき
町の花:つばき

名所・旧跡・観光

南宮大社
朝倉山真禅院
垂井曳山祭り
表佐太鼓踊
中山道垂井宿
美濃路(松並木)

隣接する自治体

大垣市|関ヶ原町|養老町|揖斐川町|池田町

商工会のご案内

垂井町商工会のホームページはこちら

サポートメンバー